NEWSCAPE

ブランドクリエイションカンパニー

意志を持ち、社会を変える、
新しいビジョンとアクションを。
Beyond New Normal

昨日の常識が、今日の非常識になる時代。 過去の成功体験が、未来への足枷になり、 変化を忘れた組織や伝統は、過去の遺物になってしまう。

そんな時こそ、自ら外の世界へ飛び出し、違う視野で世界を見つめ直すこと。 逆転の発想で、時代の閉塞を抜け出すこと。 今日の非常識から、明日の価値を生み出すこと。

売上や成長、イノベーションはビジョンではない。自らの存在目的を問い、より良い社会変化の主体となる。新しい景色を見つけ出そう。New Visions. Newscape.

市場のポジショニングから、
文化とコミュニティの創造へ。
Brand Community

目に見える顧客との関係が価値の中心となるとき、もはや市場や競合におけるポジショニングで価値を考える時代は終わりを告げます。棚や市場ではなく、人や社会の中にブランドを置き直し、存在意義を捉え直すことが必要です。

その時に求められるのが、顧客と新しい意味と文化をつくり、社会を変えていく価値観と行動(=アクティビズム)。常識や因習から人々を解き放ち、環境と経済の調和を追求する。人々が目的実現に向けて、主体的に関わるコミュニティを形成する。

ブランドコミュニティ戦略は、地域や中小企業・スタートアップから大企業まで、これからの社会価値創造の中心になるものです。

D2C:顧客と直接繋がる、
21世紀のブランディングのスタンダード。
D2C Branding

D2C(Direct to Consumer)ブランド隆盛の時代。テクノロジーと生活者主導メディアの浸透は、
顧客と直接繋がる新たなブランドビジネスを可能にするとともに、ブランドづくり自体の「民主化」をもたらしました。

D2Cとは単なるECや直販のことではありません。マス型ブランドが希薄化させた生産者と消費者を再び結びつけることで、
製造や流通・資源循環を最適化し、一人ひとりの対話を通じた、”自分にとっての”価値や体験を共創するモデルでもあります。

スタートアップから大企業まで、顧客と直接繋がる新しいブランドづくりの方法論とビジネス設計をサポートします。

確かなインパクトをもたらす、
ブランド戦略を実践する。
Branding Methodology

「ブランディング」ほど、重要でありながら曖昧に使われる言葉もないかも知れません。 ブランディングとは、広告キャンペーンやロゴデザインではありません。そのアプローチや実行手段が常に進化しているが故に、本質的な目的や体系的アプローチが忘れられ、ともすると精神論で語られがちです。

ブランディングは儲からない、と思っていませんか。ブランディング=顧客視点の価値創造戦略は、ビジネスや企業戦略の中核となり、高い付加価値と顧客支持による収益性、持続的な組織やビジネスの確かな成功をもたらします。

本質的なブランドコンセプトの開発、ポートフォリオ戦略や投資最適化、B2BブランディングやIN-OUTブランディング、
デザイン思考プロセスや顧客体験デザインなど、グローバル企業で培った確かな方法論と、豊富な実績・経験に基づく、顧客や社会視点の体系的な価値創造アプローチを提供します。

お知らせ

More

最新記事

並べ替え